カウンター

活動状況をお知らせしますo(*^▽^*)o~♪



 委員長  長岡 芳美

    「成年後見制度に関する相談日」

*開催日時  毎月第3木曜日の午後(13時〜16時)


*開催場所  山形県社会福祉士会 事務局
  山形市小白川町2-3-31山形県総合社会福祉センター3F
*電話番号  023−615−6565 (電話相談も可能)


menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

ブロック別情報交換会・連絡会(村山・最上)
2017/08/07

H29年8月5日(土)山形県総合社会福祉センターにて「ブロック別情報交換・連絡会(村山地区・最上地区)」が開催されました。

成年後見活動にかかる最近の動向をお聞きした後、グループ討議として@被後見人等の家族との関係構築の方法 A家族・親族がいない方の住所の考え方 B医療同意について をテーマに6グループに分かれ討議を行いました。各グループにて、どのような話題が出たのか発表し、現場で経験したことや難しかったことなど情報交換しました。普段、一人で活動していることもあり、今回の情報交換はとても勉強になりました。

参加者は34名でした。



ブロック別情報交換・連絡会(村山地区)
2016/07/31

H28年7月30日(土)山形県総合社会福祉センターにて「ブロック別情報交換・連絡会(村山地区)」が開催されました。

自己紹介にて、それぞれの現状報告を行いながら、情報交換しました。その後、「家庭裁判所との意見交換会」の報告があり、定期報告や報酬申し立ての書式が統一されたため、記載する書式を後日、会員へ文書送付およびホームページに掲載するとのことでした。連絡時期はまだ未定です。
 ほか、確定申告の仕方など意見交換しました。みなさんのさまざまな質問や悩みなど共有し、より活動しやすくなったかと思われます。

参加者は14名でした。



H27年度 ブロック別情報交換・連絡会
2015/07/27

H27年7月25日(土)山形市総合福祉センターにて「ブロック別情報交換・連絡会(村山地区)」が開催されました。

今回は、各それぞれから現状報告と質問や悩みを出してもらいながら情報交換しました。報酬請求時に、ガソリン代の単価はいくらにしたらよいのか、被後見人の家屋が古くなり更地にするにはどう手続きを取れば良いのかなど、意見交換しました。

また、会員も大所帯になったことから、小グループに分け意見交換や情報共有しやすいように小編成を考えており、主旨について理解を貰いました。より活動しやすくなることを期待しています。

確定申告のための事務処理など、今後、研修会などの開催されることを期待し、お開きとなりました。

参加者は20名でした。



H26年度 ブロック別情報交換・連絡会
2014/07/27

H26年7月26日(土)山形市総合福祉センターにて「ブロック別情報交換・連絡会(村山地区・最上地区)」が開催されました。

ぱあとなあ山形の会員も117名と大所帯となり、顔が見えなくなってきています。そこで、より交流することでお互いが情報交換でき、活動しやすくなることを期待しています。
置賜地区、庄内地区でも開催されます。

自己紹介後、受任状況の報告や支援チームの提案、質問と回答を行ないました。遺産相続や死亡後の後見業務など、みなさん悩みはたくさんあり、先輩から助言をもらうことで、少しは気持ちが楽になったことと思います。
今後も、このような情報交換会が続けらることを期待し、お開きとなりました。

参加者は18名でした。



インシデントレポートの研修報告
2012/03/18

平成24年3月10日(土)13時より16時まで、山形県総合社会福祉センターにて研修会が開催されました。

今回の内容は、成年後見委員会リスク部会 会長の齋藤憲磁先生(神奈川県社会福祉士会所属)をお招きし、「インシデントレポートの分析と後見人の倫理」をお聞きしました。

その後、6名のグループに分かれ、具体的な事例に基づき、インシデントの捉え方と対応など、気付きについて教えていただきました。

これまでの後見活動では、インシデントだと気づず行動していたかもしれません。
が、今回学習したことで、大きなアクシデントを招かぬよう、インシデントに気づきながら活動していけたらと思います。

とても有意義な研修会でした。



ブロック別情報交換会・連絡会
2011/06/13

平成23年6月12日(日)10時より、山形県総合福祉センターにて、各ブロック別に別れ『ブロック別情報交換会・連絡会』が開催されました。

成年後見養成研修後、受任しそれぞれが後見業務を活動されていますが、一人での活動のため、どうしてもわからない事や悩みなどが発生します。しかし、誰にも聞けなかったり、的確なアドバイスを受けられいる場合もすくなくありません。

そこで、それぞれの活動を自己紹介しながら、誰にも聞けずにいた不安なことなど、お互い意見交換しながら助言を受けました。少しでも不安解消となってくれたら幸いです。終了時間が来ても終わらないという、とても活発な研修会でした。

今回の情報交換を糧にし、今後も活躍していただきたいと思います。



研修会の報告
2010/09/05

平成22年8月29日(日)の13時30分から15時30分まで、山形県総合社会福祉センター4階大会議室にて、ぱあとなあ山形における研修会が開催されました。

研修内容は「独立型社会福祉士 リスク管理と活動の視点」として成年後見活動を中心に、独立型社会福祉士事務所をされている内田幸雄先生をお招きしました。

独立型事務所での仕事の内容や経営することの大変さなど、ざっくばらんに分かりやすく教えていただきました。

ユーモアに富んだ内容は、とても聞きやすく楽しめる研修会でした。今後、独立型社会福祉士事務所を考えている会員もいるかもしれません。とても有意義な研修会でした。



面接会を開催
2010/05/23

「ぱあとなあ山形」では、5月16日(日)に県内4ブロックいっせいに面接会を行ないました。

受任している110名のメンバーについて案内し、面接者はぱあとなあ山形運営委員や社会福祉士会理事が対応しました。

本部マニュアルに沿って面接者2名で対応し、現状の確認、困っていることなどを約20分程度で聞き取りました。
私が所属する村山ブロックは、参加者が20名、面接者4チームで実施しました。人数が少ないこともあり、だいたい1時間半ほどで終わりました。都合で欠席した2名には、後日に個別面接を行なう予定です。

面接会を始める前に、事務局から取調べでないことをきちんと説明しましたが、中には怪訝な様子の人もいたと思います。

運営委員会では、「会員の負担が大きいので電話確認でもいいのではないか」と言う意見もありましたが、受任者に対してこれまで一度も面談をしたことがないことや、直接会って課題や悩みを聞くことも大事ではないかと県内一斉の面接会となりました。

実際やってみての感想ですが、みなさん苦労を話したかったようで、話が止まらなくなる人もいました。聞いてもらえた事で良かったと面接会への苦情等はありませんでした。面接会を開催し良かったと思います。

今後も、適正な後見活動を願っています。



成年後見シンポジウム のご案内
2010/01/20

リーガルサポート主催の「成年後見シンポジウム  第三者による医療同意と課題の展望」が開催されます。

リーフレットをアップしましたので、下記URLにてご覧ください。

http://www10.plala.or.jp/yacm/yacsw/1001t-kensyu.pdf



ぱあとなあ全体研修
2009/09/09

平成21年9月5日(土)13時より15時30分まで、山形県社会福祉研修センターにて、「ご本人の思いを公正証書にするまでの具体的な方法は?」として『任意後見契約の締結に伴う契約締結前報告』を、講師に山形公証役場 公証人 三 浦 宏 一 先生をお招きしお聞きしました。

ここ数年、ぱあとなあ山形のメンバーに任意後見制度の依頼が少しずつ増えてきています。なかなか理解の難しい制度であり、実例を通しながら先生の助言を受け学ぶことが出来ました。

とても有意義な勉強会でした。

参加者は、23名でした。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

以前の「成年後見部会」のページへ
- Topics Board -